16.11.16

今更podcast

今もまだpodcast周りって盛り上がってるんだろうか? 堅い団体のはずっと配信されてるけど、いつか終わりが来そうだ。

最近はBBC4のBest of Todayを時々聞き流している。その日のテーマでゲストスピーカーに話を聞くといくもので、ゲストは市井の人から有名人までいろいろ。話題はシリアスめ。市井の人の話しているのは聞き取りづらいこともあるが、それもまた一興だ。

イギリスでホームレスをしている人の話
: https://itunes.apple.com/jp/podcast/best-of-today/id73330187?mt=2&i=377879692

普通に働いていても、つまづいたときにセーフティネットにかからないといきなりどん詰まりになってしまうのは辛い話だ。

20.10.16

秋の晩餐

子供達の運動会も終わり、やっと一息ついた。

昨夜は夫の誕生日だったので、家でフレンチ的な晩餐にした。子供の嗜好は丸々無視。久々にたくさん料理したな。
メニューは手前から反時計回りに
Coq au vin 鶏肉の赤ワイン煮込み
Gratin de pomme de terre さつまいもとジャガイモのオーブン焼きカボチャ入り
Salade verte 緑のサラダ
Timbale de legume 野菜のムース

できあがったのを見ると大したことないなぁ。鶏肉のはお馴染み、イモはどこかで食べてこれは家でもできるしサイドにいいなと思ったのだった。サラダはサラダだし。ただ、人参、クレソン、パプリカの三色ムースだけは手間がかかった。かかっただけあっていい出来だった。

レシピによるとvegetable timbaleという料理だったけど、金属製のココットみたいなtimbaleという型にムースを入れ、bain-marieという蒸し器で固めて、皿にひっくり返してあけるものだった。プリン型があればよかったかな。でも小さすぎるか。今回はそういうのはないので、小さなグラスにそのまま入れて、蒸篭で蒸した。

パプリカの部分は量が少なかった。人参一本に対してパプリカは5,6個必要かも。そして皮を黒く焦がすのも引き上げるタイミングが難しい。焼きすぎると身まで焦げて、取り分が減る。トリムしたクレソンは両手いっぱいにすくって2杯分は欲しい。クレソンは初めて使った。辛味と苦味がどうなるかと思ったけど、はじめに蒸して柔らかくすることでその辺の尖ったところがなくなった。人参はフープロでムースにするのが難しい。どうしても硬いのが残る。完璧を期すなら裏ごしするしかない。

パプリカのムースを1パイントくらい一度に食べたいなあ。

30.7.16

梅雨明け

関東が梅雨明けするのを待っていた。

今年は初めて梅干しに挑戦中。1kg分だけ梅を買い、半分に分けてジップロック内で塩漬けにして1ヶ月半、ようやく今日から天日にさらし始めることができた。塩の量や他に何を添加するかなど、梅干しもいろいろ奥が深いみたいだったけど、今回は梅についてきたインストラクションに従ってやった。塩は梅の重量の20%。かなり多い方なので、しょっぱい梅干しができそう。

昼はベランダ周辺、夜には取り込んだ台所中で、酸っぱい香りが漂っている。

今日はおつかいで、夜8時過ぎに新宿ツタヤまで行った。文字通り、ただ行って帰ってきただけ。コーヒーでも飲んでいこうかと思ってたけど、どこのスタバも満員御礼でとても入れない。夜遅くなのにみんな楽しそう。思えば子供ができるまでは別に普通のことだったな〜。今は暗くなってから家を出るのは非日常すぎて冒険心がわいてくる。ただ電車に乗るだけでも新鮮な気持ちであった。

7.7.16

洗濯日和

トマト、あんまり大きくなってない。三段くらいになったら地植えする予定なのに、まだまだだ。

よく晴れた。暑いけど、それでも太陽の光があるのがうれしい。

今日は掃き出し窓のカーテンを洗濯した。適当に洗濯機に突っ込み、濡れてるままカーテンレールに吊るして乾くのを待つ。遮光カーテンなので部屋が暗い。2時間ほどして、乾いたかなーとカーテンをめくったら、隙間から熱風が流れ込んできた。

カーテンのせいで、せっかく晴れたのに部屋が暗い…と、カーテンの存在意義を問うていたけれども、あったわ。遮熱効果ね。家の中がわりと涼しい。夏場はずっと閉めておくか…。

17.6.16

梅雨の晴れ間

数日ぶりにすっきり晴れた。ここのところ頭痛が続いていたけれど、今日は頭が軽い。体も気持ちも軽くなる。嬉しい。

先週末にいろいろ種まきしたのがようやく発芽し始めた。写真はミニトマトキットによる苗。他に枝豆などを庭に直播し、そちらも鮮やかな黄緑色の双葉が見えている。

発芽したてのトマトの芽はとても細くて弱々しい。新生児のときの子供たちの、細い手足の頼りなさを思い出す。これが日を浴びてどんどんと大きくなっていくのだから、夏が楽しみだ。