14.12.17

寒い

この春から住んでいる家は低層の集合住宅ではあるものの、最上階だ。それ以前は一階で、湿気はたまるわ床下からの冷気は寒いわで夏も冬も過酷だった。だから、引っ越し当初の春は、吹き抜ける風や夕方まで差し込む陽光がとても気持ちよくて、快適な暮らしができる! と確信を持った。

のだけど、寒いね。一階よりはましかもしれないけど、部屋の中が寒い。あと、普段過ごしてる居間が、南側の壁における窓の割合が低くて暗い。 まあ窓が最も熱効率を悪くするので、大きくなればなるほど冬の夜には寒さが増すのだろうけど。アルミサッシと一枚ガラスの窓は早く規制するべき。断熱住宅に住みたいよー。

まあ今年はとりわけ寒くなるみたいだからしかたないか。日本海に面しているし、住居が海に近いこともあって、冬の海風って厳しいんだなと思う次第です。寒いのってそれだけで動けなくなるね。春が恋しい。

27.11.17

今日は18度

黄色の樹冠を支える黒い腕。

雨が来る前の束の間の小春日和だ。自転車をこぐと、ジャケットの前合わせの隙間から入り込む風が冷たいと思ったのは初めだけで、目的地に着く頃には少々汗ばむほどだった。天気がいいからか、繁華街の人出も多い気がする。車道の左までいっぱいに幅寄せする自動車を避けて,歩行者に心の中で頭を下げつつ歩道に乗り上げた。いつもより注意を払って、右向かいから歩いて来る人に道を譲ってこちらは左前方の人に追いつかないよう、かつ漕ぐ足が止まらないように進む。全体の道のりからすればほんの少しの間だけれども、全行程に匹敵する精神的疲労がある。

この街はいつもこうだ。ひとところに都市機能が詰まったコンパクトで便利な街は、そこに収まらないほどの人口を抱えている。

25.11.17

一年

前回の投稿から一年が過ぎてしまった。早いもんだ。あれから冬が来て,春が来て,九州に再上陸して,西の大都会生活を思いのほか楽しみながら半年が過ぎた。

ここ一年程,添削のバイトを続けている。慣れない頃は何度か指導も入ったが,今期はいい出来だったようで金一封までもらってしまった。ボーナスもうれしいが,それよりも自分を評価されるのがもっとうれしい。親としての自分でしか社会とのつながりがなくなって早6年,今ようやく自分自身の何かを取り戻そうとしているように思う。でも,子供がいないままにこういった評価を得られたかと思うと,それはわからない。関係なかったかもしれないし,あったかもしれない。ただ,今の環境でなければ添削など始めようとは思わなかっただろうから,その意味では親である自分を忌避することもないのだろう。

いつの間にか袖口から入り込む冷たい空気に触れて,自然と肩に力が入る季節になった。でもしばらくは,丸めそうになる背中を意識して伸ばして歩いて行ける。

16.11.16

今更podcast

今もまだpodcast周りって盛り上がってるんだろうか? 堅い団体のはずっと配信されてるけど、いつか終わりが来そうだ。

最近はBBC4のBest of Todayを時々聞き流している。その日のテーマでゲストスピーカーに話を聞くといくもので、ゲストは市井の人から有名人までいろいろ。話題はシリアスめ。市井の人の話しているのは聞き取りづらいこともあるが、それもまた一興だ。

イギリスでホームレスをしている人の話
: https://itunes.apple.com/jp/podcast/best-of-today/id73330187?mt=2&i=377879692

普通に働いていても、つまづいたときにセーフティネットにかからないといきなりどん詰まりになってしまうのは辛い話だ。

20.10.16

秋の晩餐

子供達の運動会も終わり、やっと一息ついた。

昨夜は夫の誕生日だったので、家でフレンチ的な晩餐にした。子供の嗜好は丸々無視。久々にたくさん料理したな。
メニューは手前から反時計回りに
Coq au vin 鶏肉の赤ワイン煮込み
Gratin de pomme de terre さつまいもとジャガイモのオーブン焼きカボチャ入り
Salade verte 緑のサラダ
Timbale de legume 野菜のムース

できあがったのを見ると大したことないなぁ。鶏肉のはお馴染み、イモはどこかで食べてこれは家でもできるしサイドにいいなと思ったのだった。サラダはサラダだし。ただ、人参、クレソン、パプリカの三色ムースだけは手間がかかった。かかっただけあっていい出来だった。

レシピによるとvegetable timbaleという料理だったけど、金属製のココットみたいなtimbaleという型にムースを入れ、bain-marieという蒸し器で固めて、皿にひっくり返してあけるものだった。プリン型があればよかったかな。でも小さすぎるか。今回はそういうのはないので、小さなグラスにそのまま入れて、蒸篭で蒸した。

パプリカの部分は量が少なかった。人参一本に対してパプリカは5,6個必要かも。そして皮を黒く焦がすのも引き上げるタイミングが難しい。焼きすぎると身まで焦げて、取り分が減る。トリムしたクレソンは両手いっぱいにすくって2杯分は欲しい。クレソンは初めて使った。辛味と苦味がどうなるかと思ったけど、はじめに蒸して柔らかくすることでその辺の尖ったところがなくなった。人参はフープロでムースにするのが難しい。どうしても硬いのが残る。完璧を期すなら裏ごしするしかない。

パプリカのムースを1パイントくらい一度に食べたいなあ。